東京調布市国領駅すぐの国領歯科医院は治療・予防・インプラント・ホワイトニングまで、安心技術と快適設備

ネット予約
TEL.042-484-1780
9:30-13:00 14:00-21:00 祝日休診
※水曜日・日曜日は19:00まで
地域お役立ちコラム

調布市の「こども歯科相談室」で歯磨き練習!子供の歯磨きに気をつけたいこと

調布市の「こども歯科相談室」では、予約制で虫歯予防のアドバイスや歯科検診を行っています。子供は、丁寧かつ正しく歯を磨くことが苦手なため、しっかり歯磨きの練習をさせることが大切です。ここでは、こども歯科相談室の歯科検診と、子供の歯磨きにおいて気をつけたいポイントなどについて詳しくご紹介します。

こども歯科相談室の歯科検診

こども歯科相談室の歯科検診
調布市のこども歯科相談室では、2歳、2歳6ヶ月、3歳6ヶ月、4歳、5歳、6歳に歯科検診を受けられます。2歳~4歳までの歯科検診は、それぞれの月齢になった月、またはその翌月に受けます。5歳は、5歳になってから6歳になるまで、6歳は6歳になってから就学までが対象です。

内容は、虫歯予防に関する話と歯科検診、歯磨きの練習などです。「市報ちょうふ」でお知らせされた後に、電話で予約します。もしくは、歯科検診を受けた際に次回の歯科検診を予約することになります。

歯科検診を受ける際には、母子健康手帳と歯ブラシ、コップ、タオルを持っていきましょう。所要時間は90分程度となっています。

また、6歳から中学在学時までの子供が対象で、歯科矯正専門医に噛み合わせなどを相談できます。

子供の歯磨きの注意点

子供が自分で歯磨きできるようになるまでは、親が歯磨きをすることになります。大体、3歳から自分で歯磨きできるようになるでしょう。乳児期前半から学童期まで、歯磨きで気をつけたいポイントを月齢ごとにご紹介します。

乳児期前半

歯磨きの準備期間とも言える時期です。まずは、口や口の周りを触られるのに慣れてもらいましょう。口の周りや口の中を清潔な指でさわってください。いきなり口の中に指を入れると驚いてしまうので、まずは口の周りから触るようにしましょう。

歯磨きを嫌がらないようにするための準備期間なので、丁寧にケアすることが大切です。また、機嫌が悪いときは避けましょう。思うように口を触らせてくれないため、親としても歯のケアに疲れてしまうかもしれません。

乳児期後半~幼児期

歯が生え始めたら、ガーゼで拭ってあげましょう。3歳頃からは、子供が自分で歯を磨くようになりますが、無理に自分で歯磨きをさせる必要はありません。学童期までに自分で磨けるようになっていればよいでしょう。

親が子供の歯を磨く際には、顔を固定して口の中をしっかり見れるようにしてください。よく見えないまま磨くことは、磨き残しの原因となります。

学童期

6歳になってから生える第一大臼歯は、噛み合わせを決める大切な歯であるため、丁寧に磨くように指導しましょう。しかし、その時期に生えている歯の中では最も奥に生えているため、磨くことが難しくなっています。

そのため、最初のうちは親が確認するか、磨くのを手伝いましょう。

子供の歯ブラシや歯磨き粉の選び方

子供の歯ブラシや歯磨き粉の選び方
子供の歯をしっかり磨くために、適切な歯ブラシと歯磨き粉を選びましょう。それぞれ、次のようなものを使うことをおすすめします。

歯ブラシ

幼児期までは親が歯磨きをすることになるので、親が使いやすいものを選ぶことが大切です。毛足が短めで、ヘッドが小さいものを選んでください。自分で歯磨きをするようになれば、子供が使いやすい歯ブラシを選ぶとよいでしょう。毛の硬さは中程度で、コシのあるものの方が磨きやすくなっています。

なお、歯ブラシは、ヘッドよりも毛先が外側へ反るようになったタイミングで交換しましょう。

歯磨き粉

歯磨き粉には、虫歯予防に効果があるといわれているフッ素が含まれたものがあります。継続的に使うことで、虫歯のリスクを抑えられるかもしれません。ただし、フッ素を含め、発泡剤や研磨剤など、歯磨き粉には健康に良いとは言えない成分が含まれているため、うがいができないうちは歯磨き粉を使わない方がよいでしょう。

また、歯磨き粉には爽快感が残るものが多く、歯を磨けたように勘違いしてしまう可能性があります。歯磨き粉は少しだけ使い、しっかり磨くようにしましょう。

歯磨きを習慣づけることが大切

3歳頃から子供が歯磨きをするようになるためには、歯磨きを習慣づける必要があります。小さい頃から歯磨きを習慣づけることで、大人になっても歯磨きをするのが当たり前になり、虫歯や歯周病のリスクを抑えられるでしょう。

小さい頃に無理やり歯磨きをさせてしまうと、歯磨きに対してマイナスのイメージを持つようになり、歯磨きを習慣づけられなくなる可能性があります。子供のペースに合わせて、歯磨きを教えましょう。

まとめ

こども歯科相談室では、虫歯や歯周病を予防するため話を聞いたり、歯科検診を受けられたりします。子供の歯を守るためにも、定期的に歯科検診を受けることが大切です。そして、歯磨きを習慣づけられるように、小さい頃から月齢に合わせて正しく歯磨きをしていきましょう。国領歯科では、子供の歯磨きの方法や歯ブラシの選び方など様々な相談をお受けできます。子供の歯を守るためにも、一度ご相談ください。

^


ホーム

診療予約

電話をかける