東京調布市国領駅すぐの国領歯科医院は治療・予防・インプラント・ホワイトニングまで、安心技術と快適設備

ネット予約
TEL.042-484-1780
[平日] 9:30-13:00 14:30-21:00
[土曜] 9:30-19:00  日曜・祝日休診
一般歯科

虫歯治療

なぜ虫歯ができるのか?

歯磨きを徹底していても虫歯になる人がいる一方で、あまりブラッシングをしていないにもかかわらず虫歯にならない人もいます。
この差は、ミュータンス菌などの虫歯菌がいるかどうかの違いです。ミュータンス菌は、保護者の口の中から赤ちゃんの口に感染します。
一度ミュータンス菌に感染してしまうと、歯磨きをしても菌の数を減らすことができません。
「では、歯磨きの意味がなくなるということ?」と思われてしまったかもしれませんが、もちろんそういうわけではありません。
例えば、砂糖はミュータンス菌を歯の表面に定着させてしまうので、甘いものを食べた後はすぐに歯磨きしたほうが良いのです。

虫歯の進行と段階

C0:初期段階の虫歯

虫歯の進行度は5段階あり、進行度1は「C0(シーゼロ)」といいます。「ゼロ」といっても立派な虫歯なので、注意しなくてはなりません。
C0の症状は、歯の表面を覆うエナメル質という部分が溶けていて、茶色く濁ったり、白い線や白い点がついていたりします。
本当はこの段階で歯科医にかかったほうが良いのですが、C0の状態では痛みはほとんどないため、歯科にかかる人もほとんどいません。C0の歯は削りませんが、フッ素塗布をすることもあります。

C1:エナメル質の虫歯

進行度2の虫歯のことを、C1といいます。歯は、象牙質という芯の部分と、象牙質を覆うカバーのようなエナメル質でできているのですが、エナメル質が溶かされているものの、まだ象牙質に到達していない穴が開いていると、C1と診断されるわけです。
そのため、C1の歯は歯を削って被せ物をするなどの治療が必要になります。
C1は、注意深く見れば患者さん本人でも確認できますが、見逃してしまうことも多いでしょう。まだ痛みが出ないので、この段階でも歯医者にかからない人がほとんどです。

C2:神経に近い虫歯

進行度3のC2は、虫歯による穴がエナメル質を打ち破り象牙質に到達した状態です。冷たいものを口の中に入れたり、甘いものを食べたりすると、ピリリと痛みが出てきます。
このC2と、次に紹介するC3の違いは、「神経に達しているかどうか」という点なのですが、C2は神経に達していなくてもC3並みの痛みが起きることがあります。それは、虫歯の穴が神経のギリギリまで達しているときです。その場合の治療は、詰め物を入れるだけでなく、神経を抜くこともあります。

C3:神経まで進行した虫歯

進行度4のC3は、虫歯の穴が神経に達してしまい、痛みは「我慢できないほど」強くなります。ズキンズキンと歯が大きく脈を打っているような症状も出てきます。
場合によっては神経が壊死していることもあり、その場合は、歯の根の部分に膿がたまっていることもあるのです。
治療は虫歯部分をしっかり削ったあとに神経を抜くのですが、治療は1回で終わらないので、数回通院しなくてはなりません。この状態ではもう「詰め物」では対応できないため、「被せ物」を使うことになります。

C4:末期の虫歯

虫歯の最終段階はC4です。歯の上部は溶けたり欠けたりしてほとんど存在しません。歯の根の部分こそ残っているものの、神経は完全に壊死しています。神経がないので、痛みもないという状況です。
C4の歯は残すことができないこともあり、その場合、抜歯をしてブリッジや入れ歯を入れます。インプラントもC4の虫歯には選択肢になります。
C4まで進むと痛みがないため、治療を諦めてしまう人もいるのですが、口の中の状態は連鎖反応的に悪化していくので、はやめに治療を受けましょう。

歯周病治療

歯を失う原因No.1の「歯周病」

歯を失う原因の第1位は歯周病です。
歯周病ではまず、歯と歯肉の間の「歯肉溝」に炎症が起きます。初期は赤みや腫れがみられますが、痛みがまったくないこともあり、放置されがちです。
症状が進行すると歯肉溝が広がり、「歯周ポケット」を作ってしまいます。
そこまで悪化すると、歯を支える土台の骨「歯槽骨」が溶けてきて歯がグラグラします。そして、最終的には抜歯することになるのです。
歯周病の主な原因は、細菌です。歯肉溝に細菌がたまり、歯周ポケットに進むとさらにたまる細菌が増え、症状を悪化させます。
かつて、歯周病は「一度発症したら治らない病気」とされていましたが、最近は進行を食い止めることができます。そのため、異常を感じたらすぐに診療を受けましょう。

歯周病セルフチェック

以下の自己チェックで少しでも気になる項目がある方は是非一度ご相談ください。
  1. 口臭が気になる
  2. 歯みがきのとき、歯肉から出血がある
  3. グラグラする歯が1本でもある
  4. 歯肉の色が変わったり、腫れたり膿が出たりする
  5. 歯並びやかみ合わせが気になる
  6. 歯肉が下がって歯が離れてきてるように感じる
歯を失ってしまう前に…
歯周病で歯を失う前に、セルフチェックと早めの歯科受診と予防で食い止めましょう。
歯周病の初期は痛みがありませんが、兆しはいくつかあります。
朝、口の中がねばねばする・歯磨きすると出血する・口臭・歯肉がかゆい・歯肉が赤い・硬いものが噛みにくい・歯が長くなったような気がする・歯の間に食物が挟まる
このうち3つ以上当てはまったら、歯科医に行きましょう。
歯周病の予防法は、なんといっても歯磨きです。毎食後1日3回歯磨きをして、歯間ブラシやデンタルフロスを使いましょう。
症状がなくても定期的に歯科クリニックに行き、歯石を除去してください。
そして、タバコを吸われる方は禁煙に努めてください。喫煙は歯周病を悪化させるだけでなく、治療効果も低下させます。

^


ホーム

診療予約

電話をかける