東京調布市国領駅すぐの国領歯科医院は治療・予防・インプラント・ホワイトニングまで、安心技術と快適設備

ネット予約
TEL.042-484-1780
[平日] 9:30-13:00 14:30-21:00
[土曜] 9:30-19:00  日曜・祝日休診
予防歯科

予防歯科

歯のトラブルを未然に防ぐ「予防歯科」

最も優れた病気の治療は、予防とも言われています。予防という治療には「痛み」がまったくなく、病気にかかった時の治療費と比べると「費用」が安いからです。歯科でもそれは同じで「予防歯科」の受診をおすすめしています。
予防歯科の大原則は、次の2点です。
・「あれ?」と少しでも感じたら歯科クリニックに行く
・「痛くない」「違和感がない」状態でも、定期的に歯科クリニックに行く
歯や口の中に異常を感じなくても歯科クリニックに通うことで、虫歯や歯周病の発症を防いだり、早期発見・早期治療が可能になります。

予防歯科で出来ること

スケーリング(歯石取り)

予防歯科の治療のひとつに、スケーリング(歯石取り)があります。
歯石(しせき)も歯垢(しこう)も、細菌と食べカスが混ざったものが歯にこびりついたものです。歯垢はネバネバしている状態で、丁寧な歯磨きで取り除くことができます。
歯垢を放置すると、歯石になってしまいます。
歯石は、文字通り石のようにガチガチに固まっているので、ご自宅の歯ブラシや歯磨き粉では取り除くことができません。
歯石は、歯科でしか取り除くことができません。

ブラッシング指導

予防歯科では正しい歯磨き方法を習うことができる「ブラッシング指導」も行っています。
成人の方であれば「歯磨きの方法くらい知っている」と思われるのではないでしょうか。
しかし、自己流のブラッシングや昔の歯磨き方法は、適切ではないこともあります。むしろ、間違った方法でブラッシングをしてしまっている人も多いのです。歯磨きが正確でないと、どんなにブラッシングに時間をかけていても細菌の繁殖を防ぐことはできませんし、歯垢を取り除くこともできません。そのため、「歯磨きしているのに虫歯が再発する」という事態が起きる可能性さえあるのです。
ここからは、プロが教える最新のブラッシング方法をご紹介していきますので、ぜひこの機会に身につけてみてください。

PMTC

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)は、歯科医たちプロフェッショナルが歯の表面を清掃していく治療法です。
このように解説するだけでは、「歯の表面の清掃って、要するに歯磨きのこと?」と感じてしまう方もいるかもしれませんが、PMTCは歯科医たちが専用の器具と専用の洗浄剤を使って、徹底的に歯の汚れを落としていくという治療法です。
歯垢やタバコやお茶によって歯に付着した汚れは、歯ブラシや歯磨き粉だけで完璧に取ることができないので、PMTCが必要になります。PMTCには歯石除去も含まれているため、歯ブラシではできない歯石除去も行うことができるということです。

歯垢(プラーク)の染め出し

歯垢は正しいブラッシングをしていれば取り除くことができますが、正しい歯磨きは意外と難しく、磨き残しがある患者さんも決して少なくありません。
そのため、磨き残しを調べる「歯垢の染め出し」を行っています。歯石の染め出しは、患者さんに普段通り歯を磨いてもらった後に、歯全体に特殊な赤い液体を塗るというものです。患者さんが水でうがいをすると、それでも部分的に赤い液体が残ります。そこが「歯垢が残っている場所」となるわけです。この方法を用いることで磨けていない場所が分かるので、次回のブラッシングから注意するべきポイントも明確にすることができます。

フッ素塗布

フッ素は、正式には「リン酸酸性フッ化ナトリウムなどを配合したフッ化物」といいます。フッ素には、虫歯菌の働きを弱める作用と、歯垢がつくる酸を中和させる効果があります。また、溶けだした歯の再生も期待できるのです。
フッ素塗布は、液体のフッ素を、綿棒などで歯の表面に塗りつける治療法です。また、ジェル状のフッ素も存在します。こちらは、歯磨きの要領で歯にフッ素を塗っていくというものです。
フッ素塗布は、小さな子供が予防目的で行うことが多いのですが、大人でも虫歯予防に有効です。

定期検診

できれば定期的に検診を受けることをおすすめします。
「痛み」がなくても歯科クリニックに行くメリットとして挙げられるのは、以下の2点です。
・虫歯や歯周病の発症を抑える
・虫歯や歯周病を早期発見できる

歯科医が行うプロの予防歯科治療は、虫歯や歯周病の発症を抑えることができます。そのため、虫歯や歯周病で悩まされずに済む可能性も高くなるのです。また、もし虫歯や歯周病が発症していたとしても、早期で治療に取りかかれば、短期間で治せる確率が高くなります。
「面倒だから、検診はまた今度でいいか」と後回しにしてしまっているかたもいるかもしれません。しかし、後回しにしていると取り返しのつかない事態になってしまう可能性もあるのです。ぜひ、定期検診を受けて虫歯や歯周病を予防してください。

予防歯科のメリット

虫歯・歯周病を早期発見できる
予防歯科の大きな役割は、虫歯と歯周病が発症していないか確認できることです。
虫歯になりやすい方は、どれだけ丁寧に歯を磨いていても再発しやすい傾向を持っています。また歯周病のリスクは年を取るごとに高まります。そのため、予防歯科を行う歯科医や歯科衛生士たちは、歯石を取りながらしっかりと虫歯チェック、歯周病チェックを行っているのです。
予防歯科を受診すると虫歯・歯周病の早期発見・早期治療ができるので、早期完治が期待できます。
治療費の負担軽減
早期で虫歯や歯周病が見つかれば、ほとんどの場合とても簡単な治療で済みます。そのため患者さんが負担する治療費が安くなります。
しかし、予防歯科の「経済効果」はこれだけではありません。簡単な治療で終わると健康保険組合が支払う歯科診療報酬も安くなるので、医療保険制度の経営に良い影響を与えます。
また医療保険制度には税金も投入されていますので、税負担も軽減します。
そして何より、患者さんが早期に歯の健康を取り戻すので、仕事や家事、学業などに支障が出ません。これが予防歯科の最も大きな経済効果かもしれません。
口腔内の健康維持
企業の健康診断では胃や肺や生活習慣病などをチェックしますが、口腔内の確認は行いません。市区町村の健康診断も同様です。
歯の病気を予防するには患者さんの意志で予防歯科を受けるしかありません。
健康診断を受ける目的が全身の健康維持なら、予防歯科を受ける目的は口腔内の健康維持です。
また最近は「歯周病と心臓病」の関係が明らかになるなど、口の中の状態は全身の健康に大きな影響を及ぼすという認識が広まっています。
予防歯科で定期的に口腔内をチェックしてもらうことは、健康で長生きするためには欠かせない取り組みといえるのです。

^


ホーム

診療予約

電話をかける