東京調布市国領駅すぐの国領歯科医院は治療・予防・インプラント・ホワイトニングまで、安心技術と快適設備

ネット予約
TEL.042-484-1780
9:30-13:00 14:00-21:00 祝日休診
※水曜日・土曜日・日曜日は19:00まで
歯科コラム

メリットが多いセラミックの歯は自費診療が基本

虫歯の治療で使われる詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)の材質は、公的医療保険を使う場合は金属になります。金属の詰め物・被せ物でも機能的に問題はないのですが、口を開けたときに銀色が目立ってしまい、審美性(見た目)が劣ります。また金属の詰め物・被せ物は、金属アレルギーがある患者さんには使うことができません。

一方、セラミック製の詰め物・被せ物は、見た目だけでなく耐久性にも優れます。もちろん、金属アレルギーがある方でも使うことができます。ただ、医療保険がきかない自費診療になってしまいます。
自費診療の治療を受けると、治療費は全額患者さん負担になってしまいます。
そこで費用面からセラミック製の詰め物・被せ物をあきらめてしまう方もいると思いますが、実は医療保険が使える場合があるのです。
詳しく解説します。

ハイブリットセラミックの一部は医療保険の適用になる

ハイブリットセラミックの一部は医療保険の適用になる
医療保険が使えるのは、ハイブリットセラミックの被せ物です。
ハイブリットではないセラミックのことをオールセラミックというのですが、こちらは透明感のある白さを出すことができます。オールセラミックで詰め物・被せ物をつくると、少し見ただけでは天然の歯と区別がつかないでしょう。しかしオールセラミックは医療保険を使うことができません。

一方の、医療保険が使えるハイブリットセラミックは、セラミックとレジンを混ぜた材料を使っています。レジンはプラスチックのことで、これを混ぜることで材料費の価格を抑えることができるのです。しかしハイブリットセラミックにはセラミックも混ざっているので、天然の歯に極力似せてつくることができます。機能面ではオールセラミックよりは多少劣りますが、普通の使い方をしていればハイブリットセラミックで違和感を覚えることはないでしょう。

医療保険の適用になる条件

ハイブリットセラミックの被せ物を医療保険適用にするにはいくつか条件があります。
まず、対象は被せ物のみで、詰め物は対象外です。そして前から4番目と5番目の歯の治療にしか使うことができません。
それ以外の歯にハイブリットセラミックの被せ物を使っても、医療保険は使えません。

保険適用だとハイブリットセラミックの被せ物は1本9,000円ほど

保険適用だとハイブリットセラミックの被せ物は1本9,000円ほど
ハイブリットセラミックの被せ物を、医療保険を使って1本入れると治療費の負担は3割で9,000円ほどです。
同じものを自費診療で入れると、4万~12万円ほどになります。自費診療の治療費は歯科クリニックで自由に設定できるので、幅があります。

まとめ~条件に合致するなら検討の価値あり

ハイブリットセラミックの被せ物はいくつか条件はあるものの、医療保険を使って3割負担で入れることができます。
ハイブリットセラミックは歯にフィットする特性があり、汚れがつきにくいメリットもあります。まずは歯医者さんに条件に合致するかどうか相談してみてはいかがでしょうか。

なぜ高額なの?歯並びを治す歯科矯正が自費診療の理由

歯並びの乱れや、受け口や出っ歯などの不正咬合(ふせいこうごう)を治す歯科矯正治療は、公的医療保険が使えない自費診療での治療になります。
自費診療だと、患者さんが治療費の全額を負担しなければならないため、どうしても支払額が高額になってしまいます。
不正咬合は虫歯や歯周病のリスクを高めるため、患者さんからすれば、歯科矯正治療を医療保険の対象にすべきだと感じるかもしれません。そうなれば治療費は3割負担で済みます。

なぜ歯科矯正は医療保険の適用から外れ自費診療でしか受けられないのか、国領歯科が解説します。
さらに、例外的に歯科矯正が医療保険の適用になるケースがありますので、併せて紹介します。

歯科矯正は「見た目を改善する治療」とみなされているから

歯科矯正は「見た目を改善する治療」とみなされているから
医療保険が使える治療になるかどうかは、厚生労働省が専門家たちの意見を聞きながら決めます。
医療保険の対象となる治療は「病気を治すものでなければならない」という大原則があります。しかし不正咬合は、いわば「歯の並び方が悪いだけ」の状態です。虫歯や歯周病を「引き起こす要因」にはなりえますが、不正咬合だからといって必ず虫歯や歯周病になるわけではありません。
つまり、「健康な不正咬合」は存在しうるのです。要するに不正咬合は病気ではないので、それを治療する歯科矯正は医療保険の対象外になっているのです。

例外的に医療保険が使えるケース

ただ、顎の形が生まれつき変形している顎変形症など、先天的な異常によって不正咬合になっている患者さんは、医療保険を使えるかもしれません。
ただし医療保険の対象になるには、外科手術が必要になるなど重症化していたり、治療ができる歯医者が限定されていたりと、さまざまな条件をクリアする必要があります。

自費診療での歯科矯正の治療費の目安

自費診療での歯科矯正の治療費の目安
自費診療で歯科矯正の治療を受けた場合、治療費は80万~120万円ほどです。全額患者さん負担になります。
治療法や歯並びの状況によって治療費は大きく前後します。
ただ自費診療の治療費は歯科クリニックの院長が自由に設定できますので、上記の金額はあくまで目安と考えておいてください。

医療費控除制度を使えば少し費用負担を減らすことができる

医療費控除という制度を使えば、自由診療での歯科矯正の治療費負担を少し減らすことができます。医療費控除は、多額の医療費がかかった場合、税金を安くする仕組みです。
ただし、審美性を高める(見た目をよくする)ための歯科矯正は医療費控除の対象外です。
医療費控除の対象になるのは、歯並びの乱れによって噛み合わせが悪化して、機能的に問題が生じている場合だけです。医療費控除を使うには、そのことを記した歯医者の診断書が必要になります。
ただ、大抵の不正咬合は機能的に問題があるので、歯科矯正治療を受けたいと考えている方は、歯医者さんに相談することをおすすめします。

まとめ~「検討に値する」治療でしょう

費用の問題は残りますが、それさえクリアできれば、歯並びをきれいにする歯科矯正は「検討に値する」治療であるといえるでしょう。
不正咬合が虫歯や歯周病につながってしまう前に、矯正歯科クリニックの歯医者さんに相談してみてはいかがでしょうか。

夏は口臭がきつくなる?!その原因は夏バテだった!

夏の暑さに参っている人や夏バテにやられている人のなかで、「そういえば口臭がきつくなっているかもしれない」と感じている方はいませんか。
または梅雨が明けたあたりから、家族や職場の上司などから口臭ケアを徹底するよう注意されたことはありませんか。
夏の暑さと口臭には、深い関係があります。夏バテによる体調不良が体内の歯車の回転を障害し、それが口の臭いを強くしているのです。
「夏と口」の意外な関係を国領歯科が紹介します。

唾液と口臭の関係

唾液と口臭の関係
夏バテが口臭を悪化させる原因のひとつに唾液の分泌量の減少があります。夏の暑さが唾液量を減らすメカニズムは後で説明しますので、ここでは唾液と口臭の関係をみてみましょう。

唾液は単なる水ではありません。唾液は「天然に傷薬」と呼ばれるほど、体に良い成分が含まれているのです。
唾液に含まれているヒスタチンは傷の修復に貢献しています。指などを小さく切ったとき「唾をつけて治す」のは医学的に理にかなっているのです。
また唾液にはリゾチームや分泌型免疫グロブリンAという成分も含まれていて、いずれも抗菌作用があります。そしてハイドロキシアパタイトは、虫歯菌によって傷ついた歯の表面を修復します。
唾液の作用のうち、口臭と関係するのは抗菌作用と虫歯修復です。

抗菌作用が低下すると細菌が増え、それに伴って悪臭を放つ揮発性硫黄化合物が大量につくられてしまいます。口臭の「生暖かいような臭さ」は硫黄の臭いなのです。
また虫歯自体が独特の臭いを放ちます。よって、唾液が減って虫歯の修復力が低下して虫歯になり、口臭が出てくるのです。

歯石まで増やす

さらに唾液が減ると口のなかの食材をうまく咀嚼できなくなります。その結果、歯に歯垢がたまります。歯垢の原材料は食べかすなので、これも臭いを発します。
さらに歯垢は歯石へと形を変えます。歯石は虫歯の進行に加速をつけます。このルートからも虫歯が進み、口臭を強くしてしまいます。

なぜ夏の暑さが唾液量を減らすのか

なぜ夏の暑さが唾液量を減らすのか
唾液が減ると、二重三重の効果で口臭が悪化するメカニズムをご理解いただけたでしょうか。
ではなぜ、夏場になると唾液量が減るのでしょうか。健康な成人は、1日に大体1.5リットルの唾液を分泌しますが、これが夏場になると人によっては0.5リットル/日にまで減ってしまいます。

夏に唾液量が減る理由1:汗をかくから

唾液も体液の一種なので、体内の水分が減ると唾液量も減ります。夏は汗をたくさんかきます。その分の水分補給ができていないと、当然ですが唾液も減ります。

夏に唾液量が減る理由2:ストレスが増えるから

ストレスがかかると、人の脳は唾液量を減らそうとします。例えば重要な会議でプレゼンテーションをするとき、緊張して口のなかがネバネバすることがあると思います。これは緊張というストレスによって唾液の量が減っているからです。
唾液は「天然の傷薬」なので、人の脳は本能的に、敵に遭遇したら傷を負うことに備えて唾液の成分の濃度を高めておこうとします。唾液の濃度を高めるために、唾液中の水分を減らすのです。
これがストレスを受けると唾液量が減るメカニズムとされています。
夏の暑さでストレスがたまることでも、唾液を減らしてしまいます。

夏こそ「口臭予防も兼ねて」虫歯と歯周病治療に取りかかろう

夏バテすると免疫が落ちたり唾液の分泌量が減ったりして、虫歯菌や歯周病菌が活性化してしまいます。それで虫歯や歯周病が発生したり悪化したりします。
虫歯も歯周病も口臭の原因となるので、夏こそ「歯の健康維持」と「口臭予防」を兼ねて歯科クリニックで治療に取りかかりましょう。
虫歯と歯周病を治すことで口臭も収まるでしょう。

また歯科クリニックによっては口臭の検査をしてくれます。

オーラルクロマ

口臭を計測する特殊な機械です。口臭の原因は先ほど紹介した揮発性硫黄化合物のほか、メチルメルカプタンやジメチルサルファイドなどがあります。オーラルクロマはこの3種類の成分濃度を計測します。濃度が高いほど口臭が強いことがわかります。

MSハリメーター

オーラルクロマと同じ成分を計測できます。

インキュベーター

唾液を暖めて口臭の強さを測ります。オーラルクロマによる検査を口臭測定検査と呼ぶのに対し、インキュベーターによる検査は主観的口臭検査といいます。

ブラッドフォード位相差顕微鏡

この特殊な顕微鏡で唾液をのぞくと、口臭を発生させる細菌を撮影することができます。つまりブラッドフォード位相差顕微鏡を持っている歯科クリニックに口臭相談をすると、口臭原因を肉眼で確認できるわけです。

さらに、歯医者が患者の歯周ポケットの深さや、軽い刺激で出血が出るかどうか調べることで、虫歯や歯周病の進行度がわかります。虫歯や歯周病が進行していて、なおかつオーラルクロマ検査などの結果も悪ければ、虫歯または歯周病が口臭を引き起こしていると特定できるわけです。

このように口臭を客観的に判定できると、「予防しよう」という気持ちがわいてくるはずです。口臭予防の意識を高めるためにも、歯医者に診てもらったほうがいいのです。

まとめ~「暑さ」をきっかけにしよう

口臭がきつい方は、夏でも冬でも歯医者にかかったほうがいいでしょう。虫歯や歯周病がみつかる可能性がありますし、もし口のなかに異常がなければ、胃などの内臓に問題があるかもしれないと推測できます。
夏バテはさまざまな体調不良を引き起こすので、暑さをきっかけにして国領歯科に通ってみてはいかがでしょうか。

ただの口内炎だと思っていたら・・・がんの可能性がある危険な症状

口内炎は1、2週間で放っておけば自然と治るおよそ1cmの潰瘍です。そのため口内炎ができたとしても、わざわざ病院へ行くという人は多くないでしょう。大したことがないと思われがちの口内炎ですが、「実はガンだった…」なんてことがあります。今回は、気をつけて欲しいガンの可能性がある危険な口内炎の症状と特徴について紹介します。「当てはまるかも…」と感じたら一刻も早く病院へ行きましょう。

危険な口内炎の症状とは?

危険な口内炎の症状とは?
治りが悪い口内炎や、月に何度も出来る口内炎は要注意したほうが良いでしょう。普通の口内炎と間違われやすいのが「前癌病変」といわれるガン化の可能性がある粘膜疾患です。厳密に言うと、前癌病変は口内炎とよく似た症状ですが、前癌病変には「白板症」と「紅板症」と呼ばれるものがあります。

白板症の症状と特徴

白板症とは、頬の内側や舌、歯茎などの一部の粘膜が白くなり、食べものや歯ブラシなどの刺激によって痛みを伴います。そのため口内炎と間違われることがありますが、白板症の場合は自然に治癒することはありません。白板症の特徴は、白くなる範囲が広がり、触った時にしこりがみられるようになります。白板症がガン化する確率はおよそ10%で、薬物療法や外科切除などの治療が行われます。

紅板症

紅板症とは、頬の内側や舌、歯茎などの一部の粘膜が周囲の粘膜とは明らかに異なる鮮紅色になります。紅板症も口内炎や白板症と同じく、食べものや歯ブラシなどの刺激によって痛みを伴います。紅板症は白板症よりもガン化する確率が高く、およそ50%と非常に高くなります。そのため紅板症が見つかったらすぐに外科切除しなくてはなりません。

喫煙者は要注意!ニコチン性口内炎とは

喫煙者は要注意!ニコチン性口内炎とは
喫煙者に多いとされるニコチン性口内炎とは、お口の中の粘膜が厚くなって白く変色し、一部に赤い斑点ができる症状が特徴です。タバコの熱やタバコの熱によって口の中の乾燥してしまうことが原因で起こる口内炎です。またタバコに含まれる成分には発ガン性物質が含まれているため、喫煙者の前癌病変や口腔ガンの発生率は、非喫煙者のおよそ7倍といわれています。

異変を感じたらすぐに歯医者さんへ

いかがでしょうか?「ただの口内炎」と思っていてもガンの可能性があります。特に喫煙者は前癌病変や口腔ガンになる確率が上がってしまうので注意しましょう。「お口の中に異変を感じる…」「これらの症状に当てはまるかも」と感じたら、放っておかずに手遅れになる前に一刻も早く歯医者さんへ行きましょう。

あれ?痛くない?知覚過敏は自然に治るの?

冷たいものが「キーン」と歯にしみる知覚過敏…ふと気がつけば自然に治っていたという経験はありませんか?知覚過敏は軽度な初期段階では自然治癒することがあります。今回は自然に治すことができる知覚過敏について国領歯科がご紹介します。軽度な初期の知覚過敏は自宅でも治すことができるので是非試してみてはいかがでしょうか。

知覚過敏が起こる原因

知覚過敏が起こる原因
歯の最表面にあるエナメル質は痛みを感じる神経が通っていません。エナメル質が虫歯で溶けたり歯ブラシなどで削れることで、エナメル質の下にある神経が通っている象牙質が露出して痛みを感じます。また、歯茎から下はエナメル質がなく象牙質が露出しているため、歯周病や加齢変化などによって歯茎が下がることでも知覚過敏になってしまいます。

象牙質の構造

象牙質には無数の小さな穴があいていて、その中に神経が通っています。この穴は加齢によって少しずつ塞がるため、象牙質が露出した状態でも知覚過敏を起こさない、あるいは治ることがあります。エナメル質と比べると象牙質は強度が弱いため、象牙質が露出した状態を放っておくと、歯が削れてしまったり亀裂が走ることがあります。

自宅でも行える「歯の再石灰化」

軽度な知覚過敏の場合、エナメル質の再石灰化を促進することで知覚過敏を治す、あるいは抑えることができます。歯の再石灰化を促進する成分である「フッ素」や「薬用ハイドロキシアパタイト」が含まれた歯磨き粉やうがい薬、塗り薬を使用することでエナメル質を強化することができます。この方法は歯医者さんでも行われる治療法です。また、歯の石灰化を促進するミネラルが多く含まれた食材を食事に取り入れるのもおススメです。

自然に治らない知覚過敏の場合

自然に治らない知覚過敏の場合
進行した知覚過敏の場合は、自然に治ることはあまりありません。歯の表面をコーティングする方法や過敏になっている神経をレーザーで鎮める方法など、歯医者さんで知覚過敏の治療を受ける必要があります。あまりにも知覚過敏が酷い場合、最終手段として歯の神経を抜くことがあります。

知覚過敏にならないようにするためには

知覚過敏にならないようにするためには正しい歯磨き方法を行う必要もあります。正しい歯磨き方法で虫歯や歯周病を防ぐことは知覚過敏防止にもつながります。また、歯ブラシを使用する時の過度な圧力や回数、歯磨き粉に含まれる成分によってもエナメル質が削れてしまうことがあるので注意しましょう。

^


ホーム

診療予約

電話をかける