東京調布市国領駅すぐの国領歯科医院は治療・予防・インプラント・ホワイトニングまで、安心技術と快適設備

ネット予約
TEL.042-484-1780
9:30-13:00 14:00-21:00 祝日休診
※水曜日・日曜日は19:00まで
地域お役立ちコラム

調布市にある「映画発祥の碑」とは?映画に出演する俳優の歯並びって気になりませんか?

調布市には、様々な映画俳優の名前が刻まれている「映画発祥の碑」があります。映画俳優と言えば、歯並びが良いイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。もともと歯並びがきれいな方もいますが、矯正治療を受けている方もたくさんいます。なぜ、歯並びが悪い日本人が多いのでしょうか。ここでは、映画発祥の碑についてと、日本人の歯並びの特徴について詳しくご紹介します。

映画発祥の碑とは

映画発祥の碑とは
映画発祥の碑は、多摩らいふ21協会の協賛によって建てられました。調布市多摩川は、日本映画株式会社が設立された場所です。その後、撮影所や現像所がいくつも立ち並ぶようになり、調布市は「東洋のハリウッド」と呼ばれるようになりました。平成元年には、今後の映画産業の振興のために調布市映像まつり実行委員会が組織され、それから5年の節目を迎えた平成5年に、映画発祥の碑が建てられたのです。

映画発祥の碑には、200~300人もの俳優の名前が刻まれています。映画発祥の碑が立てられている場所には、東洋のハリウッドと呼ばれた当時の面影はなく、住宅団地などが建てられています。

日本人の歯並びの特徴

俳優は、笑ったり叫んだりするときに歯がしっかり見えるため、歯並びが悪いと気になりますよね。日本人は歯並びが悪くなりやすいのですが、その理由を説明するには縄文人や弥生人の時代にまでさかのぼって話さなければなりません。日本には、かつて縄文人がいました。そこに大陸から渡ってきた弥生人の血が混ざり、現在の日本人となったのです。

縄文人は、顎がしっかりしており歯も大きいのですが、弥生人は顎と歯が小さいため、混血になると歯並びに不調和が起こります。例えば、弥生人の血の影響で顎は小さくなるものの、縄文人の血の影響で歯が大きくなると、顎と歯の大きさのバランスがとれなくなり、歯と歯が重なってしまいます。

逆に、顎が大きく歯が小さくなると、歯と歯の間のスペースが広くなり、いわゆる「すきっ歯」になってしまうのです。

日本人にみられることが多い歯並び

日本人は顎が小さくアーチが狭い傾向があるため、次のような不正咬合がみられやすいといわれています。

出っ歯

正式には、上顎前突といいます。上顎のアーチが狭いために、歯がきれいに並べるスペースがなく、前へと出てしまうのです。

叢生

八重歯や乱ぐい歯をまとめて叢生(そうせい)といいます。顎のスペースが狭く、歯が一列に並べないため、歯と歯が重なったり突出したりします。

受け口

上の歯よりも下の歯が前に出た状態を受け口といいます。正式には、下顎前突あるいは反対咬合といい、出っ歯と同じく日本人に多くみられます。

開咬

下の歯には、上の歯が2mm程度被るのが正しい噛み合わせです。奥歯だけが噛み合って、前歯が噛み合わない状態を開咬(かいこう)といいます。なお、前歯の噛み込みが浅く、奥歯が噛み合っている状態も開咬です。原因は、アーチが狭く前に向けて出ている形をしていることです。奥歯に関係する顎は十分なスペースがあるため、問題なく噛み合います。

日本人の顎は小さくなってきている

日本人の顎は小さくなってきている
火を使うようになる前の日本人は、硬い食べ物を食べていたため、咀嚼筋を頭頂部全体で支えていました。しかし、火を使えるようになると食材を柔らかく調理できるようになるため、咀嚼筋の筋力がそれほど必要ではなくなり、顎が小さくなっていったといわれています。また、上顎のアーチが狭いため、出っ歯や八重歯、歯と歯が重なったりいろいろな方向に歯が生えたりする乱ぐい歯になりやすいとされています。

よく噛むことから始めよう

よく噛むことでアーチが広がり、歯並びが良くなる可能性があります。また、子供の頃からよく噛むことを習慣づければ、顎の成長を促せます。逆に、あまり噛まないでも飲み込める柔らかいものばかり食べていると、顎が小さくなってしまうのです。

一口につき30回は噛むことを心がけましょう。よく噛むことで脳の活性化や胃の負担を抑える効果も期待できます。

矯正治療も視野に入れよう

歯並びが悪いと、歯と歯が重なっている部分や歯と歯の間などを磨くことが難しいため、口の中に汚れが溜まりやすくなります。その結果、虫歯や歯周病になってしまうのです。このような事態を防ぐためにも、歯並びが悪い方は矯正治療を視野に入れることが大切です。

まとめ

日本人は、縄文人と弥生人の混血であるため、顎と歯にアンバランスが生じやすいといわれています。また、食生活の欧米化によって柔らかいものばかり食べているため、さらに顎が小さくなってきているのです。つまり、他の人種と比べて歯並びが悪くなりやすいということなので、日ごろから食べ物をよく噛むことを心がけておきましょう。国領歯科では、適切な歯並びに治す矯正治療を行っております。歯並びが悪いと、虫歯や歯周病のリスクが上がるので、矯正治療を視野に入れることをおすすめします。お困りの際は、一度ご相談ください。

^


ホーム

診療予約

電話をかける